このサイト【AI USE UP】について

はじめまして。

がみさんと申します。

2023年3月から「ChatGPT」を初めて使ってみて、結構ハマった挙句、このブログを立ち上げることにしました。

ブログ名の「AI USE UP」は「AIを使い倒すという意味」です。

僕の数兆倍(もっとかな)は頭が良いAI先生に対して大変恐縮ですが、いろいろ学びながら発信をしていきます。

普段はブログやSNSでWEBマーケティングをしたり、オンラインコーチングをしています。

色々なカテゴリーで発信していきますので、ご興味があればご覧ください。

AIチャット、画像AI、動画AI等と人間が仲良く未来を作っていく

僕がこのブログ「AI USE UP」を立ち上げた動機は、単純に「ハマりそう!」と思ったことと以下のようなことがあります。

✅AIと人間が創り上げていく可能性を早く感じたい。

✅AIと人間がタッグを組んだら、何やら面白そうなことができるんじゃないか?

✅AIと人間がチームを組んだら、ビジネスも面白く飛躍するんじゃないかな?

まだわからないけど、いろんな使い方があるんじゃないかな?

✅新しい仕事がたくさん生まれるんじゃないかな?

✅人生を丸ごと豊かにできる大チャンスが秘められているんじゃないかな?

✅生活やプライベートに物凄く役立つんじゃないかな?

✅やるかやらないかで今後の人生に大差が付くなら、自分はやる人でありたい。

思いつくだけでもまだまだたくさんあります。

そして今つくづく思うのは、、、「時間かかったけど、ブログ作れる人になっててよかった~、、ブログ続けてて本当に良かった。。。おかげで、こうやって相乗効果出せる。」

なぜなら僕は今56歳。

この年齢で、WEBマーケティングとコーチングに引き続き、新しい可能性にチャレンジできることにワクワクしています。

プログラミングは3日で挫折した僕でも、AIと仲良く何かを発見していくこと、創り上げることに情熱を燃やすことができそうです。

ChatGPTに聞いてみた

早速、いまお世話になっている「CHAT GPT」先生に聞いてみました。

質問:ChatGPTの上手な使い方を教えてください。

ChatGPTに上手な使い方を教えてください」という、いかにもAI素人らしい質問をしてみました。

ChatGPTが出してきた答え

ChatGPTは、言語生成と理解に関する様々なタスクを実行するために訓練されたAIモデルです。

✅ChatGPTを上手に使うためには、以下のような方法があります。

 

1:質問や問題を明確にする:

ChatGPTに適切な回答を得るためには、質問や問題を明確にしましょう。

具体的で明確な質問や問題を提示することで、CHAT GPTがより正確な回答を生成することができます。

 

2:テキストの文脈を理解する:

ChatGPTは大量のテキストから学習しており、テキストの文脈を理解して回答を生成することができます。

したがって、質問や問題に関連する背景情報を提供することで、ChatGPTがより正確な回答を生成することができます。

 

3:多様なタスクに適用する:

ChatGPTは、様々なタスクに適用することができます。

例えば、文章の要約、翻訳、文章生成、感情分析、文書分類などがあります。

ChatGPTを使用する前に、タスクの種類に適したパラメーター設定を行うことが重要です。

 

4:エラーを修正する:ChatGPTは、時に間違った回答を生成することがあります。

この場合、間違いを修正して正しい回答を得るために、適切なフィードバックを提供することが重要です。

ChatGPTは、学習によって改善されるため、フィードバックを提供することで正確性が向上する可能性があります。

 

5:豊富なテキストを利用する:

ChatGPTは、大量のテキストデータから学習しています。

したがって、より多くのテキストデータを提供することで、より精度の高い回答を生成することができます。

ChatGPTによって生成された回答をフィードバックすることで、より良い結果を得ることができます。

 

これらの方法を使用することで、ChatGPTをより効果的に活用することができます。

おおお!早速すぐ回答が来ました。

何やら難しそう、、、と思いますが、謙虚で人間味がありますよね。

ここで分かったのは、使う私たちもAIも成長していくということですね。

また、AIと上手く共存して「WIN-WIN」になるカギは、この2点だということが垣間見えてきました。

✅人間側が「質問力」を磨くこと。

✅ChatGPT(AI全般的に)間違った回答をすることもあるので、質問の仕方を変えてみたり、フィードバックをしてみたりという人間側の使い方も必要になってくるということ。

その結果、望ましい回答により近づいていくということですね。

※こちらの背景や興味、バックボーンなども理解して回答してくれる気がするので、やっぱり今のうちから「触ってわからないままでも使い倒していくこと」

言い換えれば、気軽に「コミュニケーション」をとっていくことが大切なようです。

また、このブログ「AI USE UP」のキャッチフレーズ「AIに対する質問力を向上する」も、それが目的です。

もう1つ「AI」との付き合い方について「ChatGPT」先生に聞いてみました。

AIとの付き合い方についてChatGPTに聞いてみました。

ChatGPTに質問

「ChatGPT先生、あなたはAIのトップランナーです。教えてほしいことがあるんですけどいいですか?」

✅「ChatGPT」には、何かを質問する前に「役割を与える」ことも大切なことみたい。

「私はAI初心者です。初心者にわかりやすいように教えてください。」など、こちら側の立場や状況を伝えると更によい回答が返ってきます。

ChatGPTの答え

「もちろんです!何かお聞かせください。」

ChatGPTに質問

ChatGPTのようなAIと人間が仲良く共存していくために必要なことは何だと思いますか?

ChatGPTの答え

AIがますます発展する現代社会において、AIと人間が共存するためには、以下のようなことが必要だと考えられます。

 

1:倫理的な問題に対する取り組み:

AIは人間と同じように、倫理的な問題についても直面することがあります。

AIが自律的に意思決定を行う場合、その影響が大きいことがあるため、AIによる決定が公正であることが必要です。

また、AIが個人情報やプライバシーを侵害しないようにすることも重要です。

 

2:AIの透明性の向上:

AIがどのように機能しているかを理解することは、AIと人間の共存において重要です。

AIの決定プロセスが透明であれば、その理由や背景を説明できるため、人間はAIに対する信頼を得やすくなります。

 

3:教育や訓練の重要性:

AIと人間が共存するには、AIについての理解を深めることが必要です。

AIに関する教育や訓練が進んでいることで、人間はAIに対する適切な期待や理解を持つことができます。

 

4:コミュニケーションの向上:

AIが人間と相互作用する場合、コミュニケーションが非常に重要です。

人間がAIに対して正確で明確な情報を提供し、AIが人間との相互作用に対して適切な応答を提供できるようにすることが必要です。

 

以上のように、倫理的な問題に取り組むこと、AIの透明性を高めること、教育や訓練を行うこと、コミュニケーションを改善することなどが、AIと人間が共存するために必要なことです。

やっぱりコミュニケーションはとても大切みたいですね。

あと、AIに対する敬意も大切だと思っています。

お礼も言ってます

毎回、最後にお礼も言ってます。何だか人間くさいからです(笑)。

「教えていただきありがとうございました。今後も色々教えてください。よろしくお願いいたします。」

何だかいいやつ

ChatGPTから返ってきた応えです。

「どういたしまして。何かお困りのことがありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。お力になれるように最善を尽くします。」

AIとの共存:AI USE UPまとめ

何だかChatGPT先生って人間くさくていい人?(いいAI)ですよね。

憎めないというか、、、ww

ChatGPTはテキスト生成AIですが、他の生成AI(Bing、Bard)、「Midjourney」のような画像生成のAIもあるので、いろいろ使ってブログを書いていきますね。

僕とあなたがAIとの共存で明るい未来が訪れるように、いろいろ試して書いていきます。

お互い、何かのヒントや可能性が大きく広がっていくことを願っています。

これから何卒よろしくお願いします。

がみさん

Copyright© AI USE UP , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.